ABOUT

私たちが目指す保護施設(シェルター)の社会的意義とは

ティアハイム小学校について

ティアハイム小学校、それは廃校になった学校を再活用した「犬猫の保護施設(シェルター)」です。

4000坪の広い学校跡地を活かして、行き場を失った犬や猫がのびのびと過ごしながら新しい家族と出会える場所を作ること。

「使われなくなった公共の施設」と「殺処分が迫った命」という2つの社会問題を同時に解決するための

日本で初めてのプロジェクトです。

「なぜ今廃校の活用なのか」

平成30年度時点で、全国に廃校は6580校あり、そのうち30%近くは用途が決まらないまま放置されている状態です。

※文部科学省 平成30年度廃校施設等活用状況実態調査より

学校の施設は丈夫な造りで、広大なグラウンドがあり保護施設として理想的です。

しかも、廃校が発生する場所は郊外が多く、犬猫の保護、飼養をする上で周辺への音などの配慮を考えても最適です。

我々が「廃校」に着目したのは、そんな理由からなのです。
 
私たちが目指す保護施設(シェルター)とは

私たちが目指す場所

1、行き場を失った犬や猫がのびのびと過ごしながら、新しい家族と出会える場所を作る

入所=入学

譲渡=卒業

ティアハイム小学校の名前は、そんな幸せで、暖かなイメージから名付けられました。

1頭でも多くの命をつなぎ、幸せで暖かな譲渡=卒業へと導きます。

2、ボランティア負担軽減、企業や社会全体で安定的に運営できる仕組みを作る

ティアハイム小学校では、原則的に有償スタッフでの運営を目指しています。

保護犬や保護猫のお世話に「仕事」として携わっていただくことで、スタッフの負担を抑え、安定した運営を実現します。(ボラバイト制)将来的には専属の獣医師を確保します。

「命を守ること」を仕事に変えることで、10年後、20年後も継続可能な運営体制を構築します。

3、ペット関連企業様、地域企業様のサポート(提携)先を募集しています。

・ペットフードメーカー様

・犬・猫用品メーカー様

・動物医療関連の企業様

・動物愛護活動をCSR活動として検討中の企業様

2019年7月末より、校舎2階の猫専用フロアの改装を終え保護猫の受け入れを開始します。

※第1期の募集は約40頭です。