40/ロイ

ロイ君のこと

オリジナルエコバッグやコーヒーのラベルにイラストで登場しているロイ君。
彼は、ティアハイム小学校を象徴する猫だと、私たちスタッフは思っています。

ロイ君と妹のラピちゃんは、もともと岡山県の田舎町のおじいさん宅で飼われていた猫です。 おじいさんが逝去されて、ご家族の元では飼育ができない事情があったため、兄妹でティアハイム小学校に入学してきました。

入学当時、ロイ君はほかの猫たちに馴染めず、妹のラピちゃんを守るようにシャーと威嚇を繰り返していました。おじいさんの姿を探しているかのように、ウロウロしていることもありました。

でも大丈夫。

ティアハイム小学校に来る猫たちは、心に何かしらの傷を持っている子が多いため、私たちスタッフは、ゆっくり、焦らず、時間をかけて、心の距離を近づけていきます。本気で噛まれ、引っかかれながらも、必ず心を開いてくれると信じて接します。

そして……今ではすっかり穏やかな紳士になってくれたロイ君。
新入りに集団生活のマナーを教え、後輩がご飯を食べてから自分が食べ、控えめながらスタッフや来校者にも甘えてゴロゴロスリスリしてきます。(その様子がとても可愛いので、ぜひ見に来ていただきたいです!)

私たちティアハイム小学校は、止むを得ない事情で行き場をなくした猫を、民間から可能な限り受け入れて、新たなご家族の元へと紡ぐ活動をしています。

そんなわけで、ロイ君を特別扱いするわけではありませんが、私たちの活動を象徴する猫が、ロイ君なんです。

40/ロイ
40/ロイ
40/ロイ

仲良し兄妹のロイ君&ラピちゃん

ロイ君のこと

HOME