24/よつば

よつばのこと

よつばが入学したのは、ティアハイム小学校が開校して間もない初夏でした。

推定、生後3か月。入学前に何があったのか分かりませんが、極端に人を恐れ、苛烈とも言える攻撃性がありました。個別のケージ管理にし、何度も触れようと試みましたが、その度に全力の咬傷を受け、通院が必要なほどの深手を追いました。

 その後、革製の手袋で毎日少しずつ撫で続けました。(それでも咬まれて内出血します。)どんなに凶暴な子でも、徐々に攻撃性が無くなっていくのですが、よつばだけはヤマネコのような顔で睨みつけ、咬み続けました。これ程まったく手が付けられない子も初めてです。ティアハイム小学校は、保護した猫を、新しい家族の元で幸せに迎えてもらうための施設です。このままでは卒業できません。

 「 君はなんでそんなに人を怖がるようになったの?ゆっくりでいいから、幸せになっていってほしいな。 」  

 そう語りかけながら、あの手この手でお世話を続けました。

 初夏に来たよつばが、二度目の夏を迎えようとしているある日、とうとうその時が訪れました。おやつをあげて撫でていると、目をつむるような、気持ちよさそうな顔。 よつばが初めて見せる、柔和な表情!

「 いよしゃあ!! 」と担任、小さく一人でガッツポーズ。
そこからはとんとん拍子でした。

今では撫でると喉を鳴らし、まだ噛もうとする時もあるけど、甘噛みに。 一鳴きしてゴロンと寝ころび、「撫でて」の催促もするようになりました。抱っこも大好き。おやつも大好き。見た目も、性格も、すっかりまあるく可愛くなったよつば君。他のねこ達とも仲良し。よつばは、本当に良い子だったんです。

 皆さんも、ぜひ丸くなったよつばに会いに来てくださいね!   

24/よつば
24/よつば
24/よつば

大変良い猫です

ロイ君のこと
男だロイ君
あち君のこと
ゴシック君のこと
よつば君のこと

HOME